スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
1人はあんまりすきじゃない
2006 / 09 / 02 ( Sat )
1日に更新できなくてちと凹む。

明日は高校の文化祭。
高校の友達を誘ったら、みんな忙しいらしい。(自分どんだけ暇なんだ
3人誘ってふと気付いた。

もう誘う人いない……(´・ω:;.:...

高校は好きだった。
でも、部活と片手におさまるくらいの友達と先生と……

いつも周りに怯えていた。
人付き合いの基本、みんな私を嫌ってる(ォィ
結局何を得たのかはっきりとわからないけど。
変わりたい、変わらなきゃって思った自分がここにいる。

友達の数が多い少ないに良い悪いはないと思うけど、
いつも自分の周りに壁を作っている自分がいた。
それを周りのせいだと勘違いしてた。
気付いたのがちょっと遅かった。
わかりあえたけど、それまでの時間の溝は埋められなかった。

私が感じていたストレスは勉強だけじゃなかった。
むしろ人間関係が日々。
でもそのおかげで今の自分がいる。よくも悪くも。
自分は不幸せではない。

明日一人で行ってきますく(´・ω・`)
こうやって強くなる。
17 : 39 : 38 | 日々思うこと(~'07.02) | コメント(2) | page top↑
<<高校。 | ホーム | まぁ(*゜◇゜)ひさしぶり>>
コメント
----

気付いたのは本当に遅かったのか
そもそも早いか遅いかの問題で言うなら、
人生80年はあるであろう現代社会においては
十分に早かったといえる

なにが言いたいかって、見方だよ
どの視点から事態を把握するか。
アプローチの仕方は無限にある
主観、もしくは偏りのあるベクトルからは
似たり寄ったりの行動しか生まれない
友達3人は少ないか??
友達が一人しかいないひとから見れば多い
だって3倍だもの
ふぅちんにとっての友達ってなに
数?

人脈は多いほうがいいとは言うけれど
それの背景にあるのは「手段」としての人脈
人脈の背景には人としての器が不可欠
人間や集団を手段としてしかみれない人間に
そんな大それた器はないと思ってる。

ただ例外があって、それは「ビジネス」
その場合は人脈じゃなくて「金脈」

無いものを嘆くよりまず先に、有るものに感謝をしよう
病気で健康を失って身につけた言葉。
その三人の友達、大事にしてな。
by: こうたろ * 2006/09/04 21:23 * URL [ 編集] | page top↑
----

長いコメントありがとう。

誰しもそうだけど、人生においてその「瞬間」って一度しか訪れないわけで、
16~18才におけるあの子たちとの関係はあのままで終わってしまったのね……と。
その観点からすれは「遅い」。
でももしかしたらこの先また出会って今度は違う関係を築けるかもしれない。
そう考えれば十分に「早い」。
これから築いていくであろう新しい人間関係の方がはるかに多い。
でもきっとその関係って学生時代のそれとはやっぱり違うと思うんだ。

私は保育園から中学までずっと持ち上がりのクラスだったから、
クラス替えするほど人数がいる、合唱コンクールするほど人数がいる「高校」って
人間関係の形成において特別な意味を持っていたのかもしれない。

でも一つきちんと言っておかなきゃいけないのは「数」じゃないってことだね。
「数」重視なのだとしたら、今私と親しくしてくれてる人に失礼だからね。数少ないんでダメですって。

そのうちの一人のMちゃんは高1の時からの付き合いなんだけど、
本当に尊敬に値するような人格の持ち主。
私と同じようなアホな事考えてるトコも多々あるけど、
人間としてあたりまえなことだけど簡単には出来ないことを日常でできる子。
私は一緒にいて人間としてはずかしいと思わされる面も多い。
去年の入院でお見舞いに来てくれた子もこの子で、
UCや検査や薬についても全部知っている子。
私が話すことによって重荷に感じたかもしれないけど、絶対に愚痴は言わない。
外食をしても、昔はファミレスでステーキとか注文してた彼女だったけど、
今はうどん屋さんとかそういうお店を選んでくれる。
私の誕生日に元バイト先の人に頼んで作ってもらったサプライズケーキも、
生クリームとかが負担にならないように桃やバナナをメインにしたゼリーにしてくれた。
本当に感謝の一言じゃ足りないんだ。
とっても大切な人なんだ。
何百人のメモリーだけになってしまった人を失うより、
この子を失うことの方がきっと何十倍もツラいんだ。
だから「数」だなんて思ってはいないんだ。

ただこの時思ったのは、顔は浮かんでくるのに、あの頃は仲良かったのに、
「もう今更メールなんて送れないな」って思ってしまった人の「数」がすごく「多かった」こと。
心の距離が離れていってしまったのかな。たぶん。

長くなってしまったけど、こういうことと向き合って考えさせてくれる
こうたろくんにも、とても感謝しています。
ありがとう。
by: ふぅぁ * 2006/09/05 08:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。