スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
オペったオペレッタ。
2007 / 06 / 01 ( Fri )
タイトルに意味はありません・・・

OPから23日も経ちました。

早く楽になりたくて自分で選んだ道だけど、OP後がこんなに辛いとは思ってなかった。
OP前は期待の方が大きくて。まぁどうにかなるって思いもあって。



ところがどっこい。


10時間予定の腹腔鏡下の手術は12時間かかり、時間短縮のためへそ横も5㎝くらい切った。
目覚めたら余計な管もついてた。きいてないよって(=_=;)
ストッキングは中途半端に脱がされ跡が残り(半端なく痛い)血圧は低空飛行。
手術後よくある発熱39℃越え。(でもすごくあったかくて気持ち良かった)
右手の激痛と動かせなさに母親にあたる(^-^;
「これ我慢しなきゃいけないの!!?(泣)」
血圧計が腕を締め付けていた。
点滴のポンプは、ぐお~っ、ぐお~っ・・・って一晩中うるさいし(持続的に入るという麻酔の音だと思ってた)


ICUに入るか、病棟に戻るか、そんなぎりぎりのとこだったらしい。

目覚めて最初の記憶は

「終わりましたよ~」(と言ったかは定かではない(笑))
(=_=;)「ぎもぢわるい・・・」
(=π=;)「お゛え゛~~~っ。」


は な く だ ! ?


「これいつ抜けるの??(必死)」
 明日かな~。
「明日!?」
O先生がいいっていったら。
「誰っ!?」(←聞き違えた)


全く失礼な患者だが。だって主治医が8人もいてOP2日前にちらっと会っただけって。

次の日、傷は痛くない?とやってきた先生方に鼻管抜けと訴え続け即行抜いてもらいました。



つづく・・・

19 : 53 : 41 | 入院@外科治療 | コメント(0) | page top↑
<<術後1週間 | ホーム | ばいばいきーん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。